カテゴリ:どくしょ( 5 )   

笑いがとまらない -ダーリンは外国人   

a0021842_191528.jpg妹と本屋さんにいったときに
「これが本当におもしろい」
って言われて、ぱらぱらと読んだだけで
笑いが止まらなくて、思わず買ってしまったエッセイコミック。

1と2がでてますが、本当におもしろいです・・。

作者とダーリン(外国人)の日常を
つづったものですが、本当に彼が
いい味をだしています。

そして、そして、2人はとっても仲良しな感じも伝わってくるので
笑いながら、なんだか幸せな気持ちになれますよ。

/あや
[PR]

by bado_2004 | 2004-07-19 19:16 | どくしょ

家族狩り 天童荒太 新潮社   

全5冊、やっと読み終わりましたー。
長かったーーでも早い時は1冊1日半で読み終えたり。。

とにかく全体的に暗い!
なんかこの人(天童荒太)は、とことん暗く悲惨な環境を作りますよね。
きっとこの話に出てくるような過去を持ったり、苦しんでる人が世の中沢山いるんだろうなーとは思うんですけど、やっぱり実感が沸かなくって。。でも家族を持つのが怖くなりました。

内容は結構気になって、さっさと読むのですが、主人公?である馬見原刑事を私は最後までどーしても好きになれなくって。。それで最後まで、この小説に入りこむことはできませんでした。

でもイラク戦争のことが出てきたり、時事情勢も取り入れてたりしててフィクションと感じさせないところがありました。

naoko
[PR]

by bado_2004 | 2004-06-16 15:09 | どくしょ

久しぶりに癒されました  ウエハースの椅子 江國香織   

このごろミステリーや、サスペンスもの周りの人が読むので
影響され読んでいましたが、久しぶりに江國さんの本を
買ってみました。

文庫の裏の解説にもあったのですが、特に内容はないのです(笑)
でも、なんとなくこの日常の生活から離れ、涼しげな
雰囲気を持った本です。

内容はないといっても、とりあえず大まかに書くと。笑
一人の女性が日常に起こる些細な事柄に
静かに心を動かされたり、静かに昔を思い出したりするお話?
なーんてうまくほんとに説明できません。。。

まあ、とにかく江國さんの本には、いつも癒され、やさしい透明な気分に
させられます。/mikako
[PR]

by bado_2004 | 2004-06-05 00:14 | どくしょ

「管理者降格」 高杉良  新潮文庫 文庫本   

この人は「金融腐食列島」を書いたので有名ですよねえ~。
今回も難しい経済用語が沢山あるのかなー?と思いつつ読んでみたら全然違いました。
題名を読むと、今の不況を反映した暗い話かなと思う方もいるかもしれないですが、そういうわけではなく、ある一般的な家庭を題材としたお話しです。
妻の不倫、子供の受験、そして夫の管理者降格に至るまでと色々な要素が入っていました。
暗い内容だけではなく、姉弟の心温まるような会話や出来事があってジーンとしたり、飽きずに一気に読み終わりました。
結構お薦め本です。
早速、高杉良の違う本も買ってしまいました。

naoko
[PR]

by bado_2004 | 2004-06-02 12:15 | どくしょ

「看守眼」 横山秀夫 新潮社 ハードカバー   

私は横山秀夫の本が好きです。
今回もとっても横山秀夫らしい内容ばかりでした。(看守眼の他に5話)
短編といっていいくらい短めであんまり短編には感情移入できない私でも、一瞬泣きそうなフレーズがあったり。最後にはどんでん返しがあったり。
とっても人間味のある話しばかりです。
って誉めてばっかりいると、読んだ時に「なーんだ、こんなもんか」って思う人もいると思うので、あえて言うなら1話だけつまらないなーって思うのもありましたよ^_^;

naoko
[PR]

by bado_2004 | 2004-05-25 14:30 | どくしょ